拳志会館について



拳志会館とは【剛柔一体】

拳志会館(KenshiKaikan)とは、空手や拳法のような突き・蹴りから柔術、合気道のような投げ、固め技などを統合化した武道です。
日頃の練習を通して「礼儀」「勇気」「行動力」根性」を養うと同時に「護身術」を身につけます。
会館には、子供、一般、男女問わずどなたでも入門できます。乱取り大会(フルコンタクトカラテ等)や演武会なども開催しており、また他の空手大会にも参加しております。






(突き、蹴り技)

当会館(KenshiKaikan)は、突き・蹴り技を剛の技と呼び、特に中段突きは、拳法のように縦拳と横拳と打ち方を練習します。
空手の様に突いた反対側の肘は出さず、ボクシング的な打ち方を修得します。

【金属バットを蹴りで曲げる様子】






(投げ、固め技・護身術)

当会館は、投げ・固め技を柔の技と呼び、拳法のような立ち関節技、合気道や柔術のような投げ・固め・締め技を練習します。高段者になりますと、連行技、秘孔固等の技も習得いたします。



(武器術)


当会館(KenshiKaikan)は、ヌンチャク、サイ、トンファー、杖、三節棍、手裏剣、日本刀などの武器を練習します。
【三節棍の演武】



 





道着の他に、試合等で使用する防具(サポーター)があります。
拳・足サポーターで、¥6,000程度となります。

【 使用する主な道具 】
道着
拳サポーター
足サポーター
てぬぐい
金的サポーター(小学3年生以上男子)




試合などの際は、下記のクラスに分かれます。
なお、練習時は、年齢にかかわらず様々な年代の交流を目的とした運営を行っています。道場により、練習の日時を分けている場合もありますので詳しくは各道場の紹介をご確認ください。

三才~未就学児(幼年部)
小学生(年少之部:1~2年之部、3~4年之部、5~6年之部)
中学生(中学之部)
女子(女子部)
高校生~大人(一般之部)





拳志会館(KenshiKaikan)では、フルコンタクトルールの乱取り大会や演武会、他の空手大会への参加などを行い、試合の機会も豊富です。各クラスに合わせたルールを適用しています。
ヘッドギアは試合中貸し出されます。